インフルエンザ 予防 対策

インフルエンザを防ぐために! 予防と対策 

身近にできるインフルエンザ対策としては、「手洗いとうがいの徹底

 

もし、あなたの隣の人がインフルエンザだったら・・・

 

まず、空気中にウイルスを含んだ咳の飛沫が飛び散ります。

 

咳が空気中に飛んだ瞬間、気付かないうちにその飛沫を含んだ空気を吸い込んだ。
その時点で、ウイルスを体内に取り込んでしまいます。

 

さらに、残りの飛沫は、2メートル先まで飛び、その後、隣りや向かい席の机の上や電話の受話器の上などに落ちた。
ウイルスが付いたものを触った方も、ウイルスに感染(接触感染)してしまう危険性があるのです。

 

特にドアノブは要注意です!ウイルスが付いている可能性が高いです。

 

ウイルスは、空気中に放たれてから数時間〜数十時間は感染力がある。
この持続時間からは、オフィスで咳をしている人がいる場合、常にウイルス感染する可能性が・・・。

 

こうした感染を水際で防ぐ方法が、うがいによる粘膜の洗浄と、手洗いによる手の洗浄なんですね。

 

 

ドアノブや机周りのほかにも、トイレの取っ手や蛇口など、

 

 

 

常に不特定多数の人間の手が触れる所は危険!

 

 

 

衛生上のみならず、感染予防の観点からも、業務中はトイレに行くたび、手洗いしましょうね。

 

そして帰宅したら、手洗いうがいは絶対ですぞ!!

インフルエンザ 予防 対策

インフルエンザは湿気に弱い!

 

ウイルスは湿度が50〜60%程度に上がると感染しにくくなります。

 

湿度を上げたからといってウイルス自体が死滅するわけではないのですが、湿度が50〜60%程度になると、
ウイルスの不活化率が高まると考えられています。

 

つまり、空気が乾燥するほどインフルエンザが流行するんです!

 

部屋は暖房だけでなく、加湿器もね

 

 

あとは、栄養を摂って睡眠時間を十分取る。免疫力を低下させないことが一番大事です。

 

 

  • うがいと手洗い
  • 人ごみを避ける
  • 暖房は加湿と一緒にする
  • バランスのとれた食事と睡眠

 

インフルエンザの予防には、この4か条を守りましょう!

 

 

さらに、効果を上げるには、こちら
インフルエンザにプロポリスが効く