インフルエンザと風邪の違いについて

インフルエンザの見分け方

インフルエンザが問題になるのは、
「インフルエンザをただの風邪と勘違いして外出し、人にうつしてしまう人が多い」ことです。

 

また、感染後に服用する抗インフルエンザ薬は、症状が出てから48時間以内に服用しないと、
十分な効果が期待できない!!
インフルエンザと気付くのが遅れて、自分も周りもヒドイことになってしまっているのが現状です。

 

 

これを防ぐためには、初期症状が出た時点で、個人で「インフルエンザだ」と判別できれば、
自分も、周囲の人も、被害を最小限に食い止められるわけです。

 

では、どうやって見分ければいいのでしょうか!?

 

風邪との違いの1つは、突然の発熱!
風邪はだらだらと37度程度の熱が続くが、インフルエンザはまず悪寒がきて、
その後1日ほどで38度〜40度にもなる発熱がきます。

 

また、のどの痛みや鼻水、咳などの症状に加え、
関節痛や筋肉痛など、全身に強い症状が出る」点も特徴的。

 

風邪のように局所的な症状ではなく、全身に倦怠感を感じたら、インフルエンザの疑いましょう。

 

「悪寒、発熱、関節痛」がサインですよ。

 

 

インフルエンザと風邪の特徴

インフルエンザ 風邪

症状

高熱、頭痛、関節痛筋肉痛、咳、のどの痛み、鼻水など

のどの痛み、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、咳、発熱

 

(高齢者では高熱でないこともある)

発症

急激 比較的ゆっくり

症状の部位

強い倦怠感など、全身症状 鼻、のどなど局所的

 

 

これがインフルエンザだ!

・38度〜40度前後の突然の発熱
・全身の倦怠感、関節痛、筋肉痛
・鼻水が、ひきはじめではなく発熱などの症状の後に出る

 

上記のような症状が出た場合は、インフルエンザの疑いありということで、
すぐに医療機関で受診しましょうね!

 

 

 

インフルエンザにかかってしまったら、どうすればいい?
こちらをご覧下さい。
インフルエンザ かかってしまったら・・・