にんにく卵黄でインフルエンザ、風邪予防

にんにく卵黄が、体に良い理由とは?

卵は栄養の優等生と言う言葉を耳にした事はないでしょうか。

 

卵は確かに栄養がたっぷり詰まった食品として有名ですね。

 

その中でも卵黄にはビタミンCナイアシン以外、
全ての栄養を含んでいて、とても優秀な食品となります。

 

例えば、卵黄に含まれるレシチンは、アンチエイジング
成人病予防にも効果が期待できます。

 

また、同じく卵黄に含まれるコリンは脳を活性化するため、
痴呆の予防にも効果的だと注目されています。
体の中で神経伝達物質であるアセチルコリンに変化し、
記憶力や学習能力をアップさせる事も判っています。

 

さらに、卵黄に豊富に含まれている食物繊維は、便秘予防とともに
発がん物質を体外へ排出してくれる働きもあります。

 

 

このほかにも、卵にはコレステロールが多く含まれているので、
コレステロール値が高い人は卵を食べてはいけないと言われていますね。

 

ところが、近年では、卵にはコレステロールが多く含まれているけれど、
卵をたくさん食べても血液中のコレステロール値が上がる事は無い!と
いう研究データが出てきました。

 

それは卵黄に含まれているレシチンの作用によるもので、
血管内にある悪玉コレステロールを排出してくれているのです。

 

 

このように、卵黄は栄養面でとても優れた食品です。

 

コレステロール値が高くなった場合でも、積極的に摂取した方が
良いかもしれませんね。